ホームページ>会社情報>会社歴史
1
chipshow(2014年—現在)資本市場加入、知名度向上ステップ

2014年1月にchipshowは新サンパン上場を実現した,LED業界では初の新しいサンパン企業の一つとして正式に資本市場に入り,政府の規範化管理を受けた。それによりchipshowの規範化、標準化管理が快速的に促進、企業の知名度もさらに一歩、向上させた。2014上半期に初めてリリース戸内小ピッチP1.6を作成し。及び制御システムも独立に開発したので。AAA信用資格、LED屋外広告及び応用ベストテン会場モニターブランド、ベストテンLED舞台リース-ブランド、 「中国LED創始賞」、「深センの有名なブランド」、「広東省重信用企業」などの栄誉称号を獲得した。自主的に設計したリース製品ネットシリーズは「IFデザイン賞」を取った,つまり、LEDリース-部品の独立挿抜を開発し、高速メンテナンスの傾向を維持する。自主的に「壁にかけて設置するフロントメンテナンスができる屋内精細ピッチLEDディスプレイ」を開発し、フロントメンテナンスディスプレイを創始した。


2
chipshow(2010年-- 2013年)革新発展ステップ

生産と販売規模の拡大に伴って,20105に正式に今の宝安区宝石科技園に移転し,生産面積は10000平方メートルに達成した。この段階では3C認証、UL認証、ドイツラインTUV認証を取るこそ,国家ハイテク企業、自主的の創新優秀企業、広東省著名商標、トップ10のブランドなどの栄誉を獲得した。特に「電子科研学院のマイクロエレクトロニクス」と電子科研連合協議書を結んだ。2010に業界での初の屋外SMDを発売し,屋外SMDの発展に促進しながら,屋外精細ピッチ製品の発展の可能性に空間を提供していた。20124月に業界初の風通し光通さない、エアコン無の屋外広告→「中空モニター」を生産され,LED屋外広告パネルの動向をリードし,グリルの発展も促進した。2013年に企業では7S全面的に7S建設を推進し,効率向上、仕事標準化の推進もやった。だから、対外貿易の割合がアップさせる上、国際影響力も強くなった。


3
chipshow(2004年-- 2009年)急速発展ステップ

20043に「中国移動の100個商売店のフルカラーディスプレイ事業」を受けた。同年、中国光学光電子産業協会、深セン市の品質協会を加入したが、「深セン市政府オンライン調達サプライヤ」に認可を取った。「chipshow」ブランドは段々人々に知られていた。その後、業界内の新規LEDLEDディスプレイ関係企業を続々に成立し,多くの新会社もchipshowと合作しOEMをやるので,当年度の売上高を1200万元に突破した。2005年1月に深センの地下鉄指定供給業者となる,20052月に120平方メートルの全カラーテレビはシンガポールで落成し示した,それは「chipshow」ブランドは国際舞台に向かって歩いていた。同年の3月に,300平方メートルの「全カラーディスプレイ」はドイツで建てた。当年度の売上高を4000万位打ち破れた,よって、chipshowはLEDLED業界の国際知名なブランドになった。20062月にCERhos認証を通した場合,エラ商業の中心地、深セン華強広場などの経典プロジェクトを建って上げた。アリババ創始会員になり、中国サプライヤー認証も取り,年間売上高は8000万を打ち破れた。chipshow会社は国際舞台での影響力を段々高めて,2009から関係製品を世界中の多くの100国家や地域に販売していた。「北京富隆ビルの550平方メートルフルカラー」、「ルーマニア国家体育館の168平方メートル会場」などの項目は前後的に建てた。相続いて「国家品質合格品」、「広州展開良質のサプライヤー」、「中国傑出外国貿易のインターネットビジネス」などの名誉称号を獲得した。


4
chipshow(2000年-- 2003年)創立ステップ

20007月に深セン市福田区車公廟科技園に登録し成立したが,主な業務範囲はLEDディスプレイのLED製造です。中国では一番早く設立された少数のLEDLEDディスプレイ会社の一つです。その時、主に戸外ランプの単色のディスプレイとフルカラーディスプレイを製造する。そして、その時、同様な会社が少ない、ニーズと注文も多い、企業の発展はとても速くなっていた,2001から全国で10余りの事務所を設立した。200310月「斉普」「chipshow」が正式にブランドとして登記をした。200312に広州の新保利ビルにある「360平方メートルのフルカラー明るい工事」を受け入れ,当年度の売上高は500万元を乗り越えた。


友情リンク:

2017すべての著作権は深セン市斉普電子股份有限公司|粤ICP08039745号